主たる債務者に代わって立て替えるておく

 

 

主たる債務者が債務を履行しない場合があります。借りてそのまま逃げる人もいれば、金銭的に債務を履行できないこともあります。債権者はそれではお金を盗まれたのと同じことになります。そのため、信用できない相手には債権を渡すことはできません。
それを防止するために、保証を委託することもできます。
その債務を主たる債務者に代わって履行する契約を結ぶことになります。これは義務ですので、裁判で争うことはできません。債権者は絶対的に取り立てをする権利があります。例え騙されて契約させられたというケースでも、騙されたことを証明できる確たる証拠がなければ立証は難しくなります。
商行為の保証委託は、商行為での信頼関係を作ったり、取引をスムーズに応じたりするという理由で取引相手が行うことがあります。また、商行為を行うために知人が保証委託を結ぶこともあります。
また、求償権という債権を払った場合に、主たる債務者からお金を取り戻せる権利があるのですが、通常の時効は10年であるのに対して、商行為の保証委託の時効は5年となっています。商行為の保証委託の方が短いので注意が必要です。商行為の保証委託を行う場合には、それだけのメリットがある場合に行うべきです。”