任意整理に対する保証人の対抗手段

 

 

主債務者が任意整理を行なった場合、保証を行なった人が債務の責任を取る事となります。
他人の借金を保証していれば、借金に対して責任を持たなければいけません。

このようなケースで、主債務者に対して対抗するなら、自分も任意整理または自己破産をするといった選択肢があります。
債務の額にもよりますが、返済が出来ないのであれば、手続きを検討する他ありません。
メリットとしては、貸金業者からの取り立てがストップする、借金の減額もしくは帳消しです。
デメリットは、クレジットカードの作成、ローンの契約が数年ほど困難となります。
個人信用情報機関にデータが登録される事となる為です。

他の選択肢としては、貸金業者に和解金と割り切り、主債務者の借金を貸金業者に返済する方法です。
こちらの選択肢は、保証を行なった側からすれば理不尽極まりない事かもしれません。

しかし、それでも自分が債務整理を行う事で起こるデメリットを抑える事が可能です。
教育ローンや住宅ローンなどを契約する予定であれば、他人の借金を保証したと割り切る事で借金を返済し、ローンを取るり、時期的な機械損失を防ぐメリットを得られます。

肝心なのは主債務者と話し合い、合意の上で主債務者から和解金を勝ち取る事かも知れません。
しかし、自分が主債務者の借金を保証した事による弊害とも言えますので、この辺りは当事者同士での和解は難しいかもしれません。
可能であれば弁護士などの専門家を交えた上で当事者同士にとって有益な選択を見つけるべきでしょう。”