任意整理

 

 

主債務者が任意整理を行った場合、保証人の選択肢は求償権を行使する、債権者に借金を支払う、自分も債務整理に踏み切るなどです。

対抗策であれば債権者に主債務者の借金を支払う、保証人自ら債務整理に踏み切るなどの選択はパスとなります。
となると求償権です。

求償権とは、簡単に言うと、債務などを弁済した事により被った被害を、他の人に請求出来る権利です。
被害を受けた減少分の返還を求める権利であり、この場合では主債務者(借金をした本人)の借金を支払う保証人が求償権を行使するといった状況に置き換える事が出来ます。

つまり一度債権者に主債務者の借金を支払った後、求償権で主債務者から支払った金額を取り戻すといった対抗策です。

この求償権で、主債務者から被害を受けた金額の返還を求める事も可能です。
しかし、実際問題として返還を求める相手である主債務者は、借金整理を行う状況にあります。
お金がない状況またはそれに近い状況である為、求償権によって、確実に全額返還が可能かどうかまでは未知数です。

つまり、求償権があるからと言って、安易に債権者に主債務者の借金を支払っても、完全な対抗策になるとは言い切れ無いのです。
ただ、他の選択肢が難しい事を考えれば、求償権がある事は覚えておくべきでしょう。