民事再生

 

 

借りていたお金を返済できなくなり、債務整理などの民事再生を行う場合、債務者は弁護士や司法書士に受任通知を出してもらうと、相手からの督促をストップできます。しかしこれは債務者だけの話です。連帯保証人に対しては、債権者から引き続き督促の電話や郵便が来ます。ですから債務者は、債務整理を行う場合には連帯保証人にも詳しく事情を話すようにしてください。くれぐれも、自分は債務整理の手続きに入ってあとは知らん顔というのはやめてください。一方で連帯保証人は、債権者から一括請求が来た場合でも、粘り強く交渉するようにしてください。こういう時は、分割での支払いなどを債権者に提示することをお勧めします。しかし、債務が多額でどうしても肩代わりできない場合には、自身も弁護士に依頼して、債務整理の手続きをするのがいいでしょう。
また、連帯保証人名義の財産や預金などに強制執行が行われ、差し押さえられてしまうこともありますので、債務者の保証を請け負った場合には、財産を家族の名義などにしておくといいでしょう。年金受給者の場合は、年金が差し押さえられないか心配する人もいますが、年金が差し押さえの対象になることはありません。ただ口座が凍結されることがありますので、年金用に別の口座を作るといいでしょう。