自己破産

 

 

主債務者が自己破産を検討がすると、それまで主債務者に向かっていた貸金業者の取り立ては連帯保証人に向かいます。
主債務者とは借り入れした本人の事です。

借り入れした本人が債務整理を検討すると、そこで本人の債務返済義務が一時的に停止する事となり、その結果、連帯保証人が督促の被害を受ける事となります。

ここで連帯保証人が督促に出来る対策法は幾つかあります。
取り立ての人にお金を支払う方法、主債務者と一緒に手続きに入る方法です。
連帯保証人の方に借金を返済できるだけの支払い能力があれば、前者でも構いません。
そこで主債務者の借金を支払う事で、取り立てはストップするでしょう。

しかし、それが無理であれば、主債務者と同時に手続きに入る事をおすすめします。
2人同時に手続きに入る事で、2人に取り立てが向かう事は無くなります。
こちらの選択であれば、2人とも被害を受けずに、債務を抱える事なく、生活をやり直す事が可能となります。

という事で債務者ではなく、主債務者という立場にある人は、自分だけの事を考えてはいけません。
保証となってくれた人をないがしろにする行為を行うのは、主債務者の自由かもしれません。
しかし、マナーとしてはよくないです。
借金の話はしづらいでしょうが、払えないと感じたら責任のある行動を心がけてください。”