自己破産に対する保証人の対抗手段

 

 

自己破産に対する対抗手段とは求償権による交渉です。
求償権とは簡単に言うと、主債務者(借りた本人)によって不利益を被った人が、支払った不利益分の返還を主債務者対して求める事ができる権利です。

要は債務を保証した人が主債務者の債務を支払うと、本来主債務者が支払うべき債務分を取り戻す権利が生まれる訳です。
その代わり、求償権の請求を行う為には、債務を主債務者の代わりに返済しなければいけません。

求償権の手続き方法は、内容証明を相手方に送付する方法です。
本来主債務者が支払うべき金額を自分が支払った証明と支払った額、そして返還期限などを文書にして送付します。
ここで余計にお金を使ってまで内容証明を使用する理由は、後の裁判の為です。

相手方が返還を渋る事も考えられます。
ここで泣き寝入りしても良ければ、通常の郵送でも構いません。
しかし、支払督促などで裁判所を通してちゃんと返還を求める場合は証拠が必要です。
この証拠として内容証明が活きるのです。
内容証明は普通の郵便物と比べ、証拠としても使えますので覚えておいてください。

最後に注意点です。
主債務者にお金を請求しても返ってこない可能性です。
主債務者が自己破産を行なっているという事は、この時点でお金が無いとも言い換える事が出来ます。
お金がない主債務者から、お金を取り立てるのは容易ではないケースが多いです。

よって主債務者に対抗する手段はありますが、注意点を考慮した上で最終判断しましょう。
一応は取り戻せる権利はあり、その権利を行使すれば対抗は出来ると覚えておいてください。”