保証債務を免れる方法とは

 

 

連帯債務を免れる場合、契約から考えていくなら合意解除です。

これは借金もその借金の保証も契約によって生じる為で、契約を変更または見直す事で債務を背負う責任からの開放といった選択肢です。
この契約を解除する方法が合意解除です。
わかりやすく言うなら債権者と債務者が話し合いなどを行った上で、相手方に合意を解除してもらうといった方法です。

債権者との話し合いの途中で、ある程度の債務の返済が必要であれば、支払うべきかもしれません。
それで主債務者の債務から開放されるのであれば、長期的にみてメリットとなる可能性は高いです。
この選択肢を選び、債権者に支払った金銭は、求償権で請求する事が可能ですので、一応覚えておいてください。

 

 

一般的な第三者の借金を保証する立場ではなく、相続によって債務を背負う事となったら相続放棄を検討しましょう。

 
相続放棄とは、相続財産を取得するかどうかの選択肢の一つです。

 
被相続人の財産が借金だけであれば、一般的に相続人はその借金を背負う事となります。
相続とはプラスの財産だけではなくマイナスの財産も受け継ぐ事となるのです。

 
しかし、これでは相続人の生活に支障が出ます。

 
よって民法では財産を相続するか、または相続放棄するかを選択出来るようになっています。
この選択期間は相続が発生するとわかった日から3ヶ月間です。

 

注意点としては相続放棄が相続拒否ではない点です。

 
上記の期間内に何の手続きもしなければ単純承認となり、プラス財産、マイナス財産両方を取得する事となり、手続きすると限定承認となり、プラス財産の範囲内で財産を取得する事となります。

 
要は放棄と言っても相続する権利全てを放棄するのではない訳です。